変わらないのは、旅する人の好奇心と、おもてなしの心

明治、大正、昭和、平成、そして未来へ。
にっぽん丸のおもてなしの心は変わることなく航海を続けています。

創業〜戦前

商船三井客船のルーツは、100年以上前の大阪商船と三井船舶の創立に遡ります。

戦後〜MOPAS設立

「あるぜんちな丸」は、今も船客ファンの語り草となっています。

クルーズ黎明期

「さんとす丸」「ぶらじる丸」「あるぜんちな丸」「さくら丸」の四隻で営業していました。

現在に至る

『和魂洋才』『日常生活の中での新鮮な感動』をモットーとして、前進してまいります。