ふじ丸・にっぽん丸の就航

初代「にっぽん丸」は老朽化のため昭和51年(1976)惜しまれながら引退、その船名は二代目「にっぽん丸」(旧「セブンシーズ」)に引き継がれました。

またMOPASは昭和56年(1981)、巡航見本市協会から「新さくら丸」(以前の「さくら丸」とは別の船)を購入して純客船に改装し、「にっぽん丸」と合わせて二隻の客船で営業を続けますが、まだ当時は研修などのチャータークルーズを中心として運航していました。

右:二代目にっぽん丸(昭和37年竣工、旧セブンシーズ号)は平成2年、現在のにっぽん丸の竣工と共に引退しました。

二代目にっぽん丸(昭和37年竣工、旧セブンシーズ号)

上写真:処女航海に出航するふじ丸(平成元年竣工) 下写真:三代目にっぽん丸(平成2年竣工)

昭和61年(1986)日本でも漸く高まりつつあったレジャークルーズの需要を受け、MOPASは戦後初めてで最大の本格的クルーズ客船の建造を決定しました。この船が平成元年(1989)に就航し、マスコミに『クルーズ元年』という言葉を流行らせた「ふじ丸」です。続いて平成2年(1990)には、二代目「にっぽん丸」と交代に三代目「にっぽん丸」を建造し、日本のレジャークルーズへの流れを決定づけました。そして現在は、「にっぽん丸」、の一隻を運航しています。

左上:処女航海に出航するふじ丸(平成元年竣工)

左下:三代目にっぽん丸(平成2年竣工)は紀宮殿下(当時)の支綱ご切断によって進水しました。

日本型クルーズの確立へ向けて

MOPASは戦前戦後を通じた外航定期客船の伝統と、長い間の国際交流とレジャークルーズの経験の中から、それぞれの国の文化の重要性を学びました。

そして日本独自の文化を生かしたクルーズのあり方を追求しております。例えば、和食を取り入れた洋食メニューや伝統芸の催しなどもその一つです。

『和魂洋才』『日常生活の中での新鮮な感動』などをモットーとして、今後とも日本型クルーズの確立に向けて前進してまいります。

右上:MOPASが大浴場を初めて船に設けた時、国内では「旅館のようだ」との若干の批判もありましたが、反面外国人の方々には高く評価されました。その後他社も追随し、現在ではすべての日本籍クルーズ船に採用されています。

右下:船内での茶会

上写真:現在ではすべての日本籍クルーズ船に大浴場が採用されています 下写真:船内での茶会