移住者輸送の終了とレジャークルーズ

商船三井客船(MOPAS)は昭和45年(1970)当時、「さんとす丸」、「ぶらじる丸」、「あるぜんちな丸」と、日本産業巡航見本市協会の所有船「さくら丸」の四隻で、南米航路と日本〜香港〜日本〜北米間の二つの定期航路を営業していました。

しかし移住者の減少と航空機の発達による旅客の減少はその後も続き、遂に昭和47年(1972)南米航路から撤退しました。これに伴い「あるぜんちな丸」は純客船に改装されて「にっぽん丸」と名前を変え、「さんとす丸」、「ぶらじる丸」、「さくら丸」は売船されました。

右:巡航見本市船 さくら丸(昭和37年竣工)は見本市期間外はMOPASによって貨客船として運航されました。

巡航見本市船 さくら丸(昭和37年竣工)

初代にっぽん丸(昭和33年竣工、旧あるぜんちな丸)

MOPASは昭和47年(1972)から「にっぽん丸」(旧「あるぜんちな丸」)一隻でレジャークルーズ中心の運航を開始します。カリブ海で有名なカーニバル・クルーズラインの設立が1972年ですから、クルーズの専業者としてはMOPASは世界でも早いスタートといえます。そして当初からマニラ・香港クルーズや日本一周クルーズなど、現在同様のレジャークルーズを実施しています。

昭和48年(1973)には世界一周クルーズを行いました。これは定期航路客船としてではない、客船のクルーズとしては日本で初めての歴史的な世界一周です。

このクルーズの南米までの区間には、船での移住としては最後になった南米への移住者も乗船していたので、「最後の移住船」航海としても知られています。

左:初代にっぽん丸(昭和33年竣工、旧あるぜんちな丸)

青年の船

『青年の船』は明治百年を記念して、昭和42年(1967)から政府(総理府、現在の総務庁)が主催し、当社の船をチャーターして実施している事業です。

青少年の健全育成と各国青年の親善交流を目的としていて、日本及び世界の青年が乗船し生活を共にしながら各国を訪問するもので現在も続いており、独身時代の秋篠宮妃殿下も参加されました。各都府県が主催する同様の事業もあります。

『青年の船』のようなチャータークルーズではレジャークルーズとはまったく異なるサービスが提供されますが、船上生活の楽しさは団員の方達に深い印象として受け止めていただいており、国際親善へのMOPASの貢献に対し感謝がよせられています。

右上:船内活動

右中:青年の船出港式

右下:船上運動会

上写真:船内活動 中写真:青年の船出港式 下写真:船上運動会