戦後の南米航路

第2次世界大戦により所有船舶と船員のほとんどを失った日本海運ですが、戦後の復興は目覚しいものがありました。昭和25年(1950)の定期航路民営還元後、大阪商船も直ちに南米航路を再開しています。

昭和29年(1954)に「ぶらじる丸」、昭和33年(1958)に「あるぜんちな丸」を就航させました。特に「あるぜんちな丸」は、当時の日本船としては豪華な内装で、今も船客ファンの語り草となっています。

右上:ぶらじる丸(昭和29年竣工)の出航

右下:あるぜんちな丸(昭和33年竣工、後のにっぽん丸)の出航

上写真:ぶらじる丸(昭和29年竣工)の出航 下写真:あるぜんちな丸(昭和33年竣工、後のにっぽん丸)の出航

日本人、外国人、大人も子供も乗組員も一緒になって・・・運動会、輪投げ大会、赤道祭 下写真:竣工レセプション時のあるぜんちな丸船内

この南米航路は、日本からホノルル、サンフランシスコ、ロスアンジェルス、パナマ運河、カリブ海を経てリオデジャネイロ、ブエノスアイレスなど南米諸港を結んでおり、南米への移住者が3等船客として大半を占めていました。

そのため俗に移民船と呼ばれていますが、1等、2等の船客にはアメリカへの旅行者や外国人も多かったのです。

ある船長によれば『世界中のどんな航路よりも壮大であり豪華であり変幻極まりない』ものであったと言います。

船内生活も現在のレジャークルーズと遜色のないものであったとも言われています。その楽しさに魅せられ『終身切符を買って』生涯乗り続けられたアメリカの退役軍人もいらっしゃいました。

左:日本人、外国人、大人も子供も乗組員も一緒になって・・・運動会、輪投げ大会、赤道祭

左下:竣工レセプション時のあるぜんちな丸船内。レセプションには天皇陛下(当時の皇太子殿下)や高松宮殿下もご来船されました。

MOPASの設立

大阪商船は昭和38年(1963)に当社の前身である日本移住船(株)を設立し、南米航路の五隻の所有権を移管しました。これが当社の設立です。この頃になると南米への移住客が減少したため、昭和40年(1965)には3等を廃止しエコノミークラスキャビンを設ける改装を「ぶらじる丸」、「あるぜんちな丸」に施して、より旅行者向けの設備にしました。そして昭和45年(1970)、社名を現在の商船三井客船(株)に変更しました。

右:当時の宣伝写真から

当時の宣伝写真から