大阪商船と三井船舶の創立

商船三井客船(MOPAS)のルーツは、100年以上前の大阪商船と三井船舶の創立に遡ります。この両社は昭和39年(1964)に合併し大阪商船三井船舶(株)から現在の(株)商船三井となりましたが、戦前戦後を通じて客船の運航を続けてきたのは主として大阪商船でした。

大阪商船は明治17年(1884)の創立後、国内営業を基盤に朝鮮半島、中国、台湾などの近海航路から始め、徐々に北米、欧州など遠洋航路に展開していきましたが、最も力を入れたのが南米航路で優秀な客船が次々に投入されました。

右:さんとす丸(大正14年竣工)日本最初のディーゼルエンジン搭載航洋客船

さんとす丸(大正14年竣工)

上写真:ぶら志゛る丸一等社交室。 中写真:能舞台のデザインを採り入れたあるぜんちな丸一等社交室。 下写真:あるぜんちな丸の特別室「富士」

なかでも昭和14年(1939)竣工の「あるぜんちな丸」、「ぶら志゛る丸」の二隻は優美な外観と豪華な内装が評判になりました。

左:パナマ運河通航中のぶら志゛る丸(昭和14年竣工)西航南米航路で世界一周していました。

また、当時の船内プログラムには、@出帆後のカクテルパーティー、A夜は映画、ダンス、芝居、Bすき焼き、寿司、ビフテキ、バーの店を甲板上に出すガーデンパーティー、Cパナマ運河通航時にはデッキにテーブルを出して食事、Dプールに魚を入れ魚釣り大会、等の記述が見られ、その頃から船の豪華さだけではなく船上での楽しさに力を入れていた事が分かります。

両船は第2次大戦により失われましたが、その名前と伝統は戦後の同名の客船に引き継がれていきます。

左上:ぶら志゛る丸一等社交室。近代主義を基盤に日本の美的感覚を生かした、近代日本調の客船インテリアがあるぜんちな丸とぶら志゛る丸で創造されました。

左中:能舞台のデザインを採り入れたあるぜんちな丸一等社交室。あるぜんちな丸とぶら志゛る丸の内装は村野藤吾氏等の建築家が、日本で初めて本格的に参加しました。

左下:あるぜんちな丸、ぶら志゛る丸の特別室は日本で初めてのベランダ付きスイートルームでした。(写真はあるぜんちな丸の特別室「富士」)